「平叙文」タグアーカイブ

No.13 文の種類

m-sirius13-1

文にはいろいろな種類があります。

○平叙文(肯定文・否定文)
誰かに質問するのでも、命令するのでもなく、ただ情報を伝える。
文の終わりにはピリオド(.)をつける。
また、notをいれると「~ない」という否定の文章となる(否定文)。

○疑問文
相手に問いかける文章。文の終わりにはクエスチョンマーク(?)。

○命令文
相手に対して命令する文。主語は文の中にはあらわれない。

Don’t worry.(心配するな)

命令、って、基本的に「目の前の人」…つまり「あなた・お前」に対してするものですよね。
なので、主語のYouがない、と思ってください。
主語のYouを抜いて、動詞ではじめます。

Run faster!(もっと速く走れ!)

○感嘆文
何かに感動したということをあらわす「なんて~だろう!」という文。
文の終わりは普通エクスクラメーションマーク(!)をつける。

How kind he is!(彼ってなんてやさしいんだろう!)

びっくりしたとき、感動したときに使う、ちょっとおおげさな言い方。
作り方は、

What + [名詞] + 主語 + 動詞…!
How + [形容詞/副詞] + 主語 + 動詞…!

となります。