「目的語」タグアーカイブ

No.11 文の中のパーツ…目的語

m-sirius11-1

「目的語」は、動詞が必要とする文のパーツで、この目的語が必要な動詞の場合、絶対につけないといけません。
たとえば、

I love.(私は~を愛している)

動詞のloveは、この場合「~を愛している」と言う意味。
でも、これを読んで、「結局誰を?」ってなってしまいますよね。
つまり、動詞loveは、その後ろに「~を」をあらわす語が必要なのです。

I love you.(私はあなたを愛している)

このように、目的語を必要とする動詞のことを「他の要素が必要」という意味で「他動詞」
必要ない動詞のことを「自分だけでいける」という意味で「自動詞」といいます。